黒ずみが全然治らない

女性なら誰もが肌の黒ずみに一度は悩んだことがあると思います。

 

加齢とともに出始めるシミのような黒ずみはもちろん、デリケートゾーンやワキ、肘や膝など人目に触れる部分の黒ずみは女性にとって永遠の悩みになってしまうものです。

 

しかもいったんできてしまうと、なぜか全然治らないことがほとんでなのではないでしょうか。

 

そのため、一生治らないものだと思って何もしない方もいるようですが、そんなことはありません。

 

高齢者に現れるようなシミの中には一生ものになってしまったものもありますが、若い人や中年くらいの年代であればほとんどが改善できる黒ずみだと思います。

 

だからこそ、原因を正しく知って、1日でも早く改善するために正しい対策を実施できるようにしておくことが大切なのです。

メラニン色素が黒ずみの正体

黒ずみはいろいろな部分に現れるもので、原因も紫外線によるものや、摩擦、炎症など様々なものが考えられるのですが、根本的な原因となるのはメラニン色素です。

 

メラニン色素が発生してしまう原因はいろいろなのですが、どれもメラニン色素によって皮膚が黒く染められてしまっていることに違いはありません。

 

そのため、メラニン色素を排出するなり、分解するなりして色素薄くしていく必要があります。

 

しかし、美白効果の期待できる化粧品などは刺激を感じてしまうこともあるため、肌質などによっては炎症などを引き起こし、逆にメラニン色素を誘発して色素沈着を促進してしまう可能性も考えられるのです。

 

そのため、あなたの黒ずみの部位、またはメラニン色素が発生してしまった原因をしっかりと把握することがまず第一なのです。

どの部位の黒ずみが気になりますか?

まずは黒ずみの原因を知ることが大切だと言いましが、多くの場合、悩んでいる部位によって原因は絞られてきます。

 

当たり前ですが、ワキの黒ずみの場合は紫外線の影響少ないわけですから、日焼け止めなどを塗ったところで改善することはありません。

 

また、肌の強さなどによっても対策が変わってくるので注意が必要です。

 

例えば、皮膚が薄くて弱い部分は単純に美白コスメやクリームを塗るよりも、刺激を避けるようにすることが大事だったりするのです。

 

また、肘や膝の場合は頬杖を突いたり、立ち膝などをすることによる刺激で黒ずんでしまっていることもあるので、日頃のクセや習慣の見直しも必要になってくるのです。

 

よって、どの部位の黒ずみを改善したいのか、その部分は肌が弱いのか、などをしっかと考えて適切な対策がどんなものなのかなども紹介していきたいと思います。